日産 ジューク

攻撃的なデザインと運転しやすさが同居しているジューク

日産が発売しているコンパクトカーの中でも
かなりデザイン性が高いのがジュークです。

 

特に赤のボディの色は目が覚めるような鮮やかな色をしています。
コンパクトカーにしてはかなり攻撃的なデザインをしているので、
人と同じものがイヤ!という私にはかなりウケています。

 

この刺激的なデザインは内装にもあります。
シートは黒をベースとして、グレードによっては部分的に赤が使われています。
こちらの赤は外観の赤に比べると落ち着いた色になっていて、
乗っていて目が疲れるということはありません。

 

運転席部分はかなりスポーティな作りです。
運転席、というよりも何かのコックピットのようです。
ロボットを操縦するコックピットみたいな感じですね。
メーターはバイクイメージ。ちょっと斬新な作りになっています。

 

このジューク、私としては一番に感じたのは
なんといってもハンドリングです。運転のしやすさが抜群なんですね。

 

ハンドルの重さ、回しやすさはもちろんですが、
ハンドルを切ったときのレスポンスのよさが際立っています。
コンパクトカーでここまでするっていうのに日産のこだわりを感じました。

 

視界もハンドル位置などがスポーツカーのようになっているので、
とても開けていて操作もしやすくなっています。

 

まさに「思い通りに走れる」というものを
見せてくれているのがこのジュークだと思いますね。

 

とにかくかっこいい車です。
女性にはちょっと不向きかな?でもデザイン性は抜群なので、
インテリアにもこだわるようなタイプの人にはおすすめできる車だと思いますね。